賢く利用したい!美術品の買取の豆知識を初めての人でも分かりやすく解説

こちらのサイトは、賢く利用したい人に最適な美術品の買取の豆知識について、初心者にもわかりやすく解説していきます。
絵画や版画など、骨董品を相続したときに売却するケースは多いのではないでしょうか。
自分で保有する方法もあるけれど高価な品物なら現金化したい、このようなときにはサイズを測ることから始めましょう。
また、査定を受けるときには作家名などを調べておくと高価な値段で売却できることも珍しくありません。

賢く利用したい!美術品の買取の豆知識を初めての人でも分かりやすく解説

古美術・古書画の世界では、古くて美しいものには大きな価値があるといわれています。
このような美術品を保有し続ける方法もあるけれども、保管するとなると劣化などが心配になるため今のうちに現金化するとった人も少なくありません。
しかし、美術品の買取は専門店ならどこでも良いわけではないこと、利用するためには幾つかのポイントを把握しておいてその知識の中で最適な買取店を見つけることが重要です。
ちなみに、美術品など骨董品の中には贋作などもあるので、知識豊富な鑑定士がいる専門店を利用することも大切です。

西洋美術や中国・日本など美術品の買取はそれぞれを得意にしているお店で

美術品を買い取りに出すときには、少しでも高く買い取ってほしいと願うものです。
そのためのポイントは、保証書などの付属品をそろえ、修復しない、作家のサインを残しておく、などがありますが、なんといっても重要なのは買取する企業の得意分野に合致する美術品を出すことです。
骨董品の見極めには専門的な知識が必要で、西洋美術ならば作家や作品名、希少性、人気度などを判定できない業者に出すと適正な価格がつかないこともあります。
中国美術では、文化大革命時に取り壊しから免れた古いものは人気があり、戦中や戦前に日本に持ち込まれた作品は硬貨に買い取られる可能性があります。
王羲之の書画ならば、数百万円から数千万円の価格の差がつくのです。
日本の美術品でも、真贋の判定や、中古市場における人気度などによって価格に大きな差が出ます。
買取りは正しく査定してくれる複数の企業に発注するのがコツです。
業者によって価格に大きな差が出ることも多くあります。
始めに、その企業の得意分野を調べておきましょう。

海外の美術品は種類が豊富!売りたいものを得意にしている買取店を選ぼう

美術品の中には海外の作家が描いたものをコレクションする方もいますし、日本人の作家で有名な人もいます。
売りたいものがあるときに、どのお店も美術品の買取額が同じというわけではないため、専門店の査定額の比較に力を入れることは重要です。
しっかりと比較して決められるように、売りたいものに詳しい得意分野をきちんと把握しながら、専門店での査定を行っていけるように情報を集めることをおすすめします。
お店それぞれの強みを知ると、この作家に詳しいことや海外にもネットワークがあるなど、外国へも販売できるノウハウがある企業を見つけることもできます。
国内のみでの販売よりも、外国へ売ることができる企業を見つけることで、より多くの方に売れるチャンスがある分、買取額アップにつながります。
実績があるお店をチェックするときに、そのお店のこだわりを知ることもできるため、特徴をチェックしながら決めていけるように情報を集めることをおすすめします。

掛け軸などの美術品は取り扱いには十分注意して買取査定に出そう

現代アートや浮世絵や伝統工芸品、彫刻、陶磁器、人形、茶道具、日本刀など、買い取り市場において高値で売買される美術品には様々なものがありますが、和室の床の間に飾る掛け軸もそのひとつです。
季節や世情や年代や文化や宗教や縁起や祈願など様々な要素が反映された美術品で、価値が下がりにくいという特徴があり投資目的で保有する人もたくさんいます。
年代物の場合は古文書のような脆さがありますので、取り扱いには十分な注意が必要です。
安易にオークションやフリマやリサイクルショップの宅配買取などのサービスを利用して売ると、破れたり汚れたり穴があいたり水に濡れたりなどのトラブルに巻き込まれるリスクと隣り合わせですので、売るなら美術品買取専門店に直接持ち込むか出張買取を利用するかの二択がベストです。
専門店には長年にわたって蓄積されてきたノウハウというものがあり、経験豊富な鑑定師も在籍しており美術品の取り扱いに慣れていて安心です。

掛け軸の保存箱は美術品の買取のときにも査定対象

掛け軸の保存箱は、美術品の買取のときにも査定対象になります。
別に美術品だけに限った話ではないでしょうが、家電製品その他の品物であっても、本体さえあればそれで良いというのではなく箱や保証書、その他の付属品なども含めて査定の対象とされることはもはや常識と言えますが、この話はここでもしっかりと当てはまるわけです。
箱には例えば作者の名前とか年月日が書かれているようなこともあったりしますし、箱の状態からその掛け軸の真贋が推測できるようなケースもあります。
また、確かに大きな価値を持つものは掛け軸本体であったとしても、立派な箱であればそれ自体にも一定の美術品的な価値があるかもしれません。
このような理由から、査定では一緒に出すべきです。
常識的なことを言いますが、これらはセットになっている場合には全体として見てもらえますから、個別に査定に出すよりは買取価格がアップするのが普通であり、あえて別々にする意味は全くありません。